日本語キーボード、いらない

日本語のJISキーボードは要らないと思うんです。
もう何年も、自分で買うコンピュータはUSキーボードのものを使っていますが、なにひとつ不自由を感じません。
憎む理由もありませんが、無くなってしまえばいいのに、とすら思います。

以下に理由を列挙します。
「慣れているから」という考えはなるべく排除して書きたいと思います。
“日本語キーボード、いらない” の続きを読む

Google 日本語入力

かわせみ」を検討していたら、今度はGoogleが日本語入力プログラム(ベータ版)をリリースとは・・・。

タダより安いものはないもんね。早速試してみてます。

Googleサジェストの機能を応用した、入力候補の自動表示がちゃんと効いてますね。ケータイでの入力に慣れた身としては、これは魅力です。
すごく細かいことだけど、自分としては「ー>」(全角のハイフンと不等号)と入力して変換したときに、「→」にしてくれる機能は嬉しいです。
かわせみでは対応していなかったし、単語登録でひらがな以外を使うこともできなかったので。

Mac版、Windows版をいっぺんにリリースするだけでなく、Linux版も出してくるとは、さすが Chrome OS を推進しているだけのことはありますね。

ああもう、これは決まりかな・・・・

「かわせみ」いいね。

iPhoneの人気アプリ「大辞林」で有名な物書堂が出している、Mac用の日本語入力プログラム「かわせみ」を試用しています。

何がいいって、安いっす。

ずいぶん「ことえり」一筋でやってきたけど、やっぱり長い文章だと、変換で戸惑うことが多いんですよね。
一時期、ATOKも試してみたのだけど、そこまで多機能じゃなくてもいいや、というくらい高性能でいらっしゃるので、お値段もそれなりにお高くていらっしゃいます。文章を書くのに国語辞書が手放せない、というタイプ(国語力が無いとかじゃなく、それこそ、言葉を選んで自ら国語力を伸ばしていくような人)なら、使っていて楽しいかもです。

そんなわけで、多分ライセンス購入すると思います。
ブログで宣伝したら、まけてくれないかな・・・。

そうそう、ちょっと感心したのが、「使用漢字制限」機能。
kawasemi
小学校6年生までの各学年で習う漢字をちゃんと知っていて、それに合わせて変換してくれるようだ。
これって他の日本語入力プログラムにもあるのかな?