使ってはいけないパスワード

ハッカー集団アノニマスがアップルのサーバーへの侵入に成功し、警告を表明しています。
リンク先にもあるように、20数個のユーザーアカウントとパスワードのハッシュ値らしきものが発表されてしまったわけですが、この「ハッシュ値」というのはパスワードそのものではなく、パスワードを何らかの方法で暗号化したものであり、ハッシュ値から本来のパスワードを類推するのはコンピュータを使っても非常に困難である、というのが特徴です。
そのためか、アノニマスさんも「Not being so serious,」と言っているわけですが、簡単すぎるパスワードを使用している場合は、そうは言っていられません。

なぜなら、パスワードを有効に暗号化(ハッシュ化)する方法として有効であるとされる方法は数種類しか存在せず、その方法は公開されているからです。

“使ってはいけないパスワード” の続きを読む

Chrome for Mac

Google Chrome のMac版(ベータ)がとうとうリリースになりましたね。
Google Chrome

  • 73,804 行の Mac むけのコードを記述
  • 29 回の開発ビルド
  • 1,177 件の Mac 関連のバグを修正
  • Mac 版 Google Chrome のコードベースに、外部から 12 人のコミッターとバグ修正者、48 人のコード提供者が参加
  • 8,760 杯のジュースとコーヒーを消費

という大変な努力を経てのリリース、痛み入ります。

さっそくインストールしてみました。
起動もページの表示も、早い早い!

・・・だけど Safari や Firefox と比べても、そんなに違いがあるわけでもないとおもいます。
Googleのアカウントと連動したサービスも自分はまだ知りません。Googleブックマークと連動していれば便利ですよね。(いまのところ、このくらいの連動っぷりのようです)
自分は Apple の mobile.me を使っていますが、iPhone などの携帯端末とブックマークが連動できるのは便利です。
どこかに出かける前に Safari で必要なページを全部表示しておいて、「これら◯個のタグをブックマークに追加」してやれば、出先でもすぐに必要なページが開ける、という寸法です。
バックアップの心配が要らないのも利点ですね。(これだけ検索が便利な時代に、ブラウザのブックマークがどれほど重要なデータなのか、という意見はさておき)。

メモリの消費量はもちろん少ないから、何か作業をするときに、参照サイトを大量に立ち上げたりするのに良いかな?

ちなみに、Mac版のデフォルトフォントはserif(明朝系)になっているようです。もちろん表示にはアンチエイリアスがかかっているし、ヒラギノのフォントはホントに好きなんだけど、これは変更できないのかな?

Google 日本語入力

かわせみ」を検討していたら、今度はGoogleが日本語入力プログラム(ベータ版)をリリースとは・・・。

タダより安いものはないもんね。早速試してみてます。

Googleサジェストの機能を応用した、入力候補の自動表示がちゃんと効いてますね。ケータイでの入力に慣れた身としては、これは魅力です。
すごく細かいことだけど、自分としては「ー>」(全角のハイフンと不等号)と入力して変換したときに、「→」にしてくれる機能は嬉しいです。
かわせみでは対応していなかったし、単語登録でひらがな以外を使うこともできなかったので。

Mac版、Windows版をいっぺんにリリースするだけでなく、Linux版も出してくるとは、さすが Chrome OS を推進しているだけのことはありますね。

ああもう、これは決まりかな・・・・