Apple Wireless Keyboard で fnキーが効かない

iPadやiPhoneとの相性も抜群と大好評のApple Wireless Keyboardですが、iMacにつないでみたら、左下の「fnキー」が使えないことに気が付きました。

ちなみにiMacはIntel Core 2 Duoの2.8GHzのモデル。OSは10.5.8、キーボードはUS配列です。

Windosで使おうとしても同様の現象があるらしく、ユーティリティソフトも出回っているのですが、肝心のMacでこれはないでしょう、と思って検索しても日本語の情報があまり見つからなかったのでメモです。

対処は簡単で、
http://support.apple.com/kb/DL957?viewlocale=ja_JP

から、「Wireless Keyboard Update 2.0」をダウンロードしてインストールするだけ。

この情報にたどり着くまであちこち探してしまいましたが、Appleの製品でドライバーが必要、ってちょっと珍しいので、逆に思いもよらなかったのです。

日本語キーボード、いらない

日本語のJISキーボードは要らないと思うんです。
もう何年も、自分で買うコンピュータはUSキーボードのものを使っていますが、なにひとつ不自由を感じません。
憎む理由もありませんが、無くなってしまえばいいのに、とすら思います。

以下に理由を列挙します。
「慣れているから」という考えはなるべく排除して書きたいと思います。
“日本語キーボード、いらない” の続きを読む