「かわせみ」いいね。

iPhoneの人気アプリ「大辞林」で有名な物書堂が出している、Mac用の日本語入力プログラム「かわせみ」を試用しています。

何がいいって、安いっす。

ずいぶん「ことえり」一筋でやってきたけど、やっぱり長い文章だと、変換で戸惑うことが多いんですよね。
一時期、ATOKも試してみたのだけど、そこまで多機能じゃなくてもいいや、というくらい高性能でいらっしゃるので、お値段もそれなりにお高くていらっしゃいます。文章を書くのに国語辞書が手放せない、というタイプ(国語力が無いとかじゃなく、それこそ、言葉を選んで自ら国語力を伸ばしていくような人)なら、使っていて楽しいかもです。

そんなわけで、多分ライセンス購入すると思います。
ブログで宣伝したら、まけてくれないかな・・・。

そうそう、ちょっと感心したのが、「使用漢字制限」機能。
kawasemi
小学校6年生までの各学年で習う漢字をちゃんと知っていて、それに合わせて変換してくれるようだ。
これって他の日本語入力プログラムにもあるのかな?

MacでChromeOS

Google の Chrome OSがダウンロード可能になったので、MacのVirtualBoxで動かしてみました。

Chrome OS を Mac の VirtualBoxで起動
窓の杜でも紹介されてるけど、まだ日本語入力が出来ないんですよねー。
この理由だけで、まだまだ(我々には)実用的とは言えません。

コピペはショートカット(Ctrl + c, Ctrl + v)が使えるし、Google サジェストがローマ字も理解してくれるから、ネットサーフィンだけなら、ある程度は使える(?)かな。
画面右上の「▼」ボタンで言語設定なんかもいじれるけど、時計が合わせられません。
そして、よく落ちます。
んーもうちょっと設定をいじってみるか。

とにかく、起動するにはGoogleのアカウントが必須。で、OSなのにブラウザ(もちろんChrome)しか動かない。じゃあ、どうするか。ってところが、Googleさんの答えなわけで。
興味深いですな。

ダウンロードもとのgdgt.comでもディスカッションされているけど、VirtualBox用のディスクイメージは問題があってうまく起動しません。(今は公開も停止されてる?)
でもVM Wear用のイメージがそのままVirtualBoxでも使えるので大丈夫です。

一応、自分の設定を貼っておきます。

“MacでChromeOS” の続きを読む